So-net無料ブログ作成

食事療法7*水素サプリメント [介護]

軟食

 さらに回復してきたら与える食事で、病状の回復に伴い、三分がゆ食、五分がゆ食、七分がゆ食、全がゆ食とかゆの濃さに従って、副食もそれに相当するやわらかいものを使います。
 全がゆは米1カップに水5カップで炊き、できあがりが800g、七分がゆは水7カップで1120gに、五分がゆが米半カップに水5カップでできあがりが800g、三分がゆが米半カップに水10カップを使って1600gに仕上げます。かゆを調理するポイントは、強火で沸騰させたら、いったん木じゃくしで底についた米粒を離し、あとは火を弱めてすこしふたをずらし、やっと沸騰が続くくらいの火の強さで50分煮ます。
 最近はかゆの炊ける炊飯器や専用の電気器具などがつくられていますから、それらを利用してもいいでしょう。
 また、かゆのレトルト製品や缶詰も発売されています。なお、流動食のおもゆは、五分がゆをガーゼで自然にこしたものです。
 かゆはむかしから病人食の中心でした。水分補給としては茶などよりエネルギーはありますが、慢性の病気や回復期の患者には、ご飯のほうがエネルギーがとりやすいです。
 かゆには卵、牛乳、梅干し果肉、番茶、刺身などを加えて栄養価を上げたり、風味の変化をつけられます。オートミール、パンがゆ、コーンフレーク、マフィンなども使えます。
 副食としては下の表「回復期軟食の調理例」を参考にしてください(なお、表および献立は主として文部科学省認定社会通信教育『栄養と料理専門講座』「病人食」からの引用です)。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。