So-net無料ブログ作成

食事療法6*水素サプリメント [介護]

流動食

 固形物がほとんど含まれず、かまずに飲み込めるもの、固形でも口の中で体温によって溶けてしまうものです。病人が固形物をまったく食べられなくなったときに用います。
 たとえば口や歯の外傷で口があかないとき、歯の治療時、口腔内の粘膜に炎症があるとき、悪心、嘔吐、意識不明、食道の通過障害、急性下痢、急性胃炎など急性の消化器障害の直後など胃腸の安静を守りたいとき、開腹手術(虫垂炎、胆嚢炎や胆嚢結石、胃・十二指腸潰瘍やがんの手術)のあとなどです。
 病気の急性期や絶食後など、はじめて口にする繊維や脂肪の入っていない流動食を単純流動食といいます。薄味で濃度も薄いもので、湯ざまし、麦茶、薄いおもゆ、繊維や脂肪の入っていないスープ、薄いくず湯、薄い果汁などです。はじめは1時間おきに50mlぐらい(カップ4分の1)から徐々に量を増し、回数を減らします。とりあえずの水分補給などのためですから、長期間続けると栄養が不足します。せいぜい2~3日にします。
 すこし症状が回復してきたら、良質たんぱく質などを含み、エネルギーも高い濃厚流動食へすこしずつ変えます。卵、牛乳、脱脂粉乳、ゼリー、すり流し汁、ポタージュ、くず湯などで、回復してくれば軟食に移ります。しかし食欲も出て消化吸収力が上がっても固形食がとれない場合には、濃厚流動食だけで栄養を維持できるよう、またあきないように味つけも工夫が必要です。アイスクリーム、シャーベット、ゼリーなどにする調理法も使えます。栄養素のバランスをとって調合した各種濃厚流動食も市販されています。味が単純ですから長期間は無理ですが、成分的には使用可能です。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説

nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。