So-net無料ブログ作成

リハビリテーション10*水素サプリメント [健康]

脳卒中 初期の注意点

 安静を必要とする時期にはベッドでの寝かせかたに注意します。これは自宅で寝かせておくときにも共通するものです。褥瘡[じょくそう](床ずれ)を予防するためにはときどき(2時間おきが望ましい)寝ている姿勢を変える必要があります。側臥位にするときはまひしている側が上になるようにします。
 まひが軽く、意識も正常なら自分で自由に寝返りしてかまいません。褥瘡の最大の原因は長時間同じ部位に圧迫が加わることです。すこしずつでも姿勢をまめに変えていれば予防は可能です。また日に1回、からだを拭いてあげる(清拭)ときには背骨下部の仙骨部やももの付け根の大転子部など骨のでっぱっている部分の皮膚が圧迫されて赤くなっていないかよく確認します。褥瘡防止用の特殊マットレスやベッドを利用する場合には、比較的長時間同じ姿勢で寝かせておくことができます。
 次に、まひした手足の関節を介助者が動かし、拘縮[こうしゅく]を予防します。すべての関節について、その関節の正常な可動域にわたって日に3~5回ゆっくりと動かします。肩関節は複雑な関節で、五十肩のように炎症を生じやすいので、可動域訓練は正常の5、6割までにとどめたほうが無難です。健常な側については自分で動かすように指導します。これは長く寝ている間に健常な側の筋肉がおとろえるのを防ぐためにも必要です。関節を動かすと痛みのある場合には、その部分をあたためておいてからおこなうようにします。あたためるやりかたとしては蒸しタオルをさらにタオルにくるんで当てる方法が便利です。


水素サプリメントは活性酸素を無害な水に変える働きとともに、細胞のエネルギー産生に直接的に働きかけ、弱った細胞を元気します。
細胞が元気になると、臓器の働きも良くなります。
水素サプリメントについて知りたい方は水素サプリメントについて簡潔にまとめた、こちらのホームページをご覧下さい。

世界最高峰-水素サプリメント解説

固体マイナス水素イオン解説
nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。